読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能開発0

人工知能

のんびりやろうと思いつつ日課にしたい気持ちもあり、とりあえず目標をたてます。

このブログの対象は(当然)初心者向けになるので、ざっくり「会話できるものを作る」とします。

 

とはいっても、まず「人工知能とはどういったものなのか」という疑問があると思います。

Wikipediaをみてみると、「日常語としての『人工知能』という呼び名は非常に曖昧なものになって」いるそうなので、「考えて、答えを出すもの」としておきます。

「考えるとは何か」などといった問いは哲学者に任せます。

「何ができるか」と言われても天気と弁当の売れ行きの相関だとかコンピュータ将棋だとか、様々です。最終的に人間の(あるいはそれを超える)知能を作ろうという試みですから当然ともいえます。

 

 

さて、まず人工知能は2パターンに分類されます。一つが「教師あり学習」、もう一つが「教師なし学習」です。

 

教師あり学習は、問題と答えの組が与えられて、それを基に学習します。子供の頃、1+1=2,1+2=3...と学習したように、コンピュータに学習させます。入力に対して(常に)正しい出力を返すことが目的です。

 

それに対して、教師なし学習は与えられた問題のみで考えます。データをどう分類するか、ゲームをどうやってクリアするか、等。正答が決まっていない問題について考えることが目的です。

 

説明しようとすると自分の理解の浅さを実感しますが、実際に作ればわかると思います。多分。

 

開発はjavaで行うつもりです。Pythonを使ってみたいですがハードルあげすぎても(僕が)詰まると思ったので。

まあプログラミングはおまけなので、まあ、うん。

頑張ります。