読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃーんAPI

お久しぶりです。
今回は思い付きでTwitterでにゃーんAPIを作ったので紹介します。
決してAIが難しくて逃げているわけではありません。

さて、まずTwitter Application Managementでアクセスキーを4つ取得します。ここらへんはほかのブログでも解説されているでしょう。

次に、適当なとこからPHP実行環境を作ります。なんかPHPでやっている人が多そうだったのでそれに倣いました。
今回はWAMP, MAMP and LAMP Stack : Softaculous AMPPSを使いました。
んで、インストールしたらフォルダ見て、AMPPS/www直下にNyaanAPIってフォルダ作って、そこにGitHub - abraham/twitteroauth: The most popular PHP library for use with the Twitter OAuth REST API.からダウンロードしたのをtwitteroauthにリネームして入れて、
PHPからTwitterツイート(2015年2月版) - Qiitaのをコピペして、適当に付け足してできました。

<?php
$head = '';
$body = '';
$foot = '';
if(rand(0,1) == 0) $head .= 'にゃ';
else $head .= 'に゛ゃ';
$max = rand(1,10);
for($i = 0;$i < $max; $i++){
	switch (rand(0,10)) {
		case 0:
			$body .= 'にゃ';
			break;
		case 1:
			$body .= 'に゛ゃ';
			break;
		default:
			$body .= '~';
			break;
	}
}
if(rand(0,1) == 0) $foot = '~';
else $foot = 'ん';
$text = $head . $body . $foot;

// OAuthライブラリの読み込み
require "twitteroauth/autoload.php";
use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

//認証情報4つ
$consumerKey = "XXXXX";
$consumerSecret = "XXXXX";
$accessToken = "XXXXX";
$accessTokenSecret = "XXXXX";

//接続
$connection = new TwitterOAuth($consumerKey, $consumerSecret, $accessToken, $accessTokenSecret);

//ツイート
$res = $connection->post("statuses/update", array("status" => $text));

//レスポンス確認
var_dump($res);
?>

ね?簡単でしょ?